新着情報

  • 山田園さんの新商品もいよいよ大詰め!

    2018.01.19

    昨年の秋頃から準備を進めてきたプロジェクトがもうすぐ花咲きそうです。

    三島大通り商店街、創業から150年の老舗茶屋山田園さん。

    みしまマンゴーを栽培する鈴木農園さんとコラボしたmama茶をPRするために販促資料や

    リリースなどを準備すると共に、物が溢れていた店内の内装を、

    都内でディスプレイなどの空間デコレーターとして活躍中の荒川昌子さんに入っていただきました。

    お店のスタッフさんたちと共に、いきなり変えるのではなく、じっくりとお話ししながら徐々に。

    よりすっきりと、かつ余裕のある店づくり、季節感を感じる小物使いなど

    すぐに真似できるちょっとしたノウハウから、年配のお客様も多いことから、

    既存の姿を変え過ぎない温かみのある店内作りに着手していただきました。

    提案からディスプレイ変更から、気持ちに寄り添いながらの変革、

    お店の皆さんかなり変化を実感されて、ワクワクしながら着手してくださっていました。

    三島産のマンゴージャムをたっぷりと入れた静岡の和紅茶・・・贅沢なひとときです。

     季節ごとのちょっとした変化に、来店が楽しみになりますね!

    月末のリリース配信に向けて、もうひと息!3月には新商品を味わえるイベントも店内で企画されるんだそうです。山田園の皆さんがどんどん前向きに走り出している様子が伺えて、とても嬉しくなりました。

     

    こちらはそんなコラボ事業を後方支援してくださっている三島商工会議所にて、

    先日の経産省女性起業家支援コンテストジョキコンの受賞報告を平賀亜紀さんと共に。

    坪内専務や指導員の皆様が熱心にお話を聞いてくださり、早速平賀さんたち女性料理人への今後の活躍の機会をいくつもご提案くださいました。いつもありがとうございます!

    皆さんの前向きなパワーが、三島全体に溢れているそんな実感をした1日でした!

  • 新デザイナーさんとの出会い&ジョキコン結果のご報告&ぱんはうすさんとコラボ

    2018.01.17

    ありがたいことに、年明けから待ったなしで、出会いやお仕事に揉まれています。体調も崩しがちな季節ですので、気を引き締めつつ・・・皆様もどうぞご自愛くださいね。

    小泉さんのご紹介で、ラボお越し下さったデザイナーの三井佳奈さん。今までブックデザインのお仕事などされてきたと共に、お二人のお子さんの育児をしながら、地元富士で企画から作る様々なエッジが効いた食や人を巡るイベント実施など、丁寧でセンスの高い仕事ぶりを拝見させてもらいました。

      

    またご一緒できるのがとても楽しみです!まだまだ年明けから新しい出会いが続きそうですよ〜

    そして、

    経産省のページでも正式に発表があった 女性起業家支援コンテスト「ジョキコン」

    http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180116002/20180116002.html

    「地域賞」「伴走賞」のダブル受賞を「シークレットパティシエ」こと平賀亜紀さんに報告しました。

    また二人で、いろいろな場所にご報告に行く予定です。

    そして、裾野駅近くのパン屋さん「ぱんはうす ヴィエナ・ブロート 」さんに平賀さんをご紹介。店舗での具体的なアドバイスなどしていただくことに。ラボでも平賀さんのご経験をもとに、的確で実践的なアイディアが満載でした。さすがプロの目線は頼りになります!

  • 経産省主催:初の女性起業家「支援」コンテストにてダブル受賞しました!

    2018.01.11

    本日は都内でドキドキの特別なプレゼンでした。

    わたしの起業応援net~経済産業省「女性起業家等支援ネットワーク構築事業」~

    初めての取り組みとなった経産省主催の女性起業家「支援」側のコンテスト。全国66件の応募の中から、総合部門では5団体、個別部門では6団体が選ばれ最終プレゼンに臨みました。弊社は広域関東圏では唯一の選出となりました。

    プレゼンでは、「シークレットパティシエ」としてB toB飲食店向けサービスをお手伝いさせて頂いた平賀亜紀さんの事例をお話させてもらいました。一緒に行く予定だった平賀さんが残念ながら体調崩されて同行できませんでしたが、私自身も初めて関わらせて頂いた時の想いを一つ一つ思い起こしながら6分間のプレゼンを終えました。審査ののち、ありがたいことに「地域賞」「伴走賞」のダブル受賞をいただきました。全国の様々な事例に非常に刺激をもらったり、同じ思いをしているのだと共感したり、とても心強さとヒントをいただきました。また、会場内でご一緒した全国の支援担当者さんから、コトリスラボについて沢山のご関心や視察のご依頼をくださりありがたかったです。また初心に返ってひたむきに行きたいと思います。

    詳細は経産省のHPにも掲載されています。→http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180116002/20180116002.html

    個別部門では連携賞・伴走賞・広域賞・地域賞の4つのポイントに分かれて、賞が授与されました。

    facebookでライブ配信もされていたので、SNS越しにご覧になった方からご連絡いただくということも

    ありました!同時中継ならではですね!

    こちらで当日の録画も見られます。全国の支援の知恵が盛り沢山でした!

    https://www.facebook.com/joseikigyo/?fref=mentions&pnref=story&hc_location=ufi

     

    弊社でプレゼンしたスライドはこちら↓「シークレットパティシエ」というキーワードに高いご関心をいただきました。

        

     

    1月11日日経新聞電子版でも早速紹介されていました。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25569470R10C18A1XY0000/

    ここからまた一歩一歩。日頃からの皆様のご支援に改めて感謝です。

  • 『きらく場観光案内所』まもなく始動!!

    2018.01.09

    新年から着物姿の吉田さんが素敵!手に持っているのは・・?

    4周年を記念した新サービスの「きらく場観光案内所」に併せて、小泉さんに

    デザインしてもらった旗です!!イラストとてもご本人に似ているんですよ〜

    詳しくは↓

     

    *************
    プレスリリース
    

    2018年01月10日 良心を売る店よしだ

    三島の老舗呉服屋による着物サロンが街の散策拠点に! 4周年を機に「きらく場観光案内所」を店内にオープン

    〜 “着付けはできない、でも着物で出かけたい”人をサポート 〜

    三島の老舗呉服屋「良心を売る店 よしだ」(所在地:静岡県三島市、代表:吉田 昌敏) は、若女将の吉田 智美が運営する「呉服屋サロンきらく場」が4周年を迎えるにあた り、街の散策拠点「きらく場観光案内所」を店内の一角にオープンします。 きものを着て、街歩きを楽しむための観光マップも新たに作成。「きものを着てみた いけれど着付けができない、着ても出かける場所がない」そんな想いの人たちが、気 軽にきものを身にまとい、ローカルの趣のある街、大場(だいば)を散策するための呉 服屋発、観光案内所です。

    きらく場観光案内所

    ◆「きらく場観光案内所」とは きもの姿で散策したい人に向けた観光案内所。大場は熱海や沼津、修善寺などの近隣 の観光スポットから車で30分圏内に位置するため、伊豆旅行の中継地点や出発地点に もなる立地が魅力です。

    来店者は、持ち込み・またはレンタルのきものを若女将に着付けしてもらい、観光マ ップを片手に散策へ出発。神社や電車、お地蔵さんなどのインスタ映えする風景や、 地域で⻑年愛されるケーキ屋や和食屋、コロッケが名物の肉屋など、全部で8ヵ所のお すすめ観光スポットをまわれます。天気が良ければ大場川の橋のあたりで、富士山を 拝むこともできます。

    若女将による着付けからスタート
    

     

    神社へ参拝

    名物コロッケの食べ歩きも
    
    

    ◆「呉服屋サロンきらく場」とは 「きものを持っているのに着る機会がない」または「きものを着たいけれど、ひとり では心細い」人たちに向けた「来て楽しい、きものを着て楽ちんな気楽な場所」とし て、2015年1月15日に「良心を売る店 よしだ」店内にオープンしました。きものを 着て学べる楽しい講座やお出かけ企画の開催を、公式サイトやSNSで発信していま す。今までに「レンジで簡単よもぎ餅づくり」「レジンで帯留めを作ろう」「デコ巻 き寿司を作ろう」「風呂敷の結び方」などの講座で、主に20〜40代の女性たちが和気 あいあいと学んできました。

    「手ぬぐいで、ゆかたに似合うシュシュを作ろう」の様子
    

    ◆「きらく場」今後の予定 ・きらく場 ツキイチカフェめぐり(毎月15日) ・着付け練習会(随時)

    ◆「売る」よりまず「場所」でありたい。元エンジニアの若女将、吉田 智美 結婚前は電機メーカーのエンジニアとして活躍。きものとはほとんど縁のない生活を 送っていた。きものには息苦しいイメージがあり、成人式はスーツで出席したほどだ ったが、呉服の仕事に携わることになり必要に迫られ着付けを学ぶ。そのうちに、き ものの心地良さや着る楽しさに開眼。同じ頃、せっかくきものを持っているのに、た んすの奥にしまい込んだままの女性が多いことに気づく。

    「家のきものに興味はあるけれど、着方はもちろん、しまい方や洗濯の仕方などすべ
    てがわからなくて何年も経っているという方や、ショーウィンドウの反物の価格を見
    て、この値段で着られるのかと聞いてくる方がいます。残念ながら、きものにまつわ
    る知識が親から子へ伝わっていないのです。当店は、きものを売ることよりも、まず
    はきものに関する駆け込み寺やよろず相談所のような場所でありたいと思っていま
    す。きらく場や観光案内所を通じて、日常からきものに親しむ人が増えるのが私の願
    いです。普段は着付けをはじめ、きもののお手入れ方法の指導や、持っているきもの
    の種類がすぐわかるような画像入り資料の提供なども行っています」
    

    1級着付師・社団法人きものカラーコーディネーター協会(KICCA) ・KICCA公認きものカラーコーディネーター ・きものカラーコーチ/KICCA認定講師

    若女将 吉田 智美

    ◆良心を売る店 よしだ 概要
    営業時間: 平日 9:00〜19:00
    日曜・祝日 9:00〜18:00
    定休日 : 水曜日
    代表 : 吉田 昌敏(よしだ まさとし)
    設立 : 1953年4月1日
    所在地 : 静岡県三島市大場128-8
    事業内容: (1) 呉服・婦人服・学生衣料の販売
    (2) 「きらく場」「きらく場観光案内所」の運営 URL : https://www.daiba-yoshida.com/

    ■お問い合わせ先 担当: 吉田 智美
    TEL : 055-977-1160 FAX : 055-977-1519

  • NECさん主催ソフトウェア教室に参加しました!

    2018.01.09

    新年早々の休日の都内にて、共創させてもらっているNECさんで満員御礼で開催された「わくわくソフトウェア教室」に参加させてもらいました。

    丁寧なNEC社員さんのサポートと、子どもたちの集中力に脱帽!あっという間にゲ―ムを1つ作り上げてしまいました!親御さんも含めて熱心に参加されている様子に刺激を頂きました。