新着情報

  • 粋なおじいちゃんを目指す「長泉NGF講座」の第4回目が開催されました

    2022.11.26

    2022年11月19日に長泉NGF講座」の第4回目が開催されました。

    第4回目は、講師にパーソナルカラースタイリストの小島真代さんをお迎えし、イメージアップするためのカラーコーディネート術について学びました。

    今回は、皆さんから一番興味がある内容という声をいただいた講座で、「退職後のお洋服選びに迷う」「つい暗い色を選んでしまう」「同じものばかり着てしまう」といった悩みが寄せられました。

    パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った色(髪の毛・瞳の色素・肌)と雰囲気が調和する色のことです。人それぞれ似合う色があって、それが必ずしも好きな色と同じではありません。」と小島先生。

    パーソナルカラーについて改めて知ることで、こんなにもたくさんの色があり、それぞれが合理的で体系的に分類されていることが分かりました。

    実際に、皆さんのパーソナルカラーや、最近よく耳にする「イエベ(イエローベース)ブルべ(ブルーベース)」の診断もしてもらいました。診断後、パーソナルカラーをお洋服に取り入れるヒントなどもアドバイスをいただきました。

     

     

    鏡を見ながら、様々なカラーの布を前にかけます。こちらの受講生の方はブルーベース、ウィンターのロイヤルブルーがとてもお似合いでした。似合う色が分かることで、自分を再発見することができますね。

     

    前回の小竹さんによる料理講座をきっかけに、お隣同士や仲間内での声掛けも増えて、NGF一期生としての絆が芽生えてきたようにみえる皆さん。小島先生からの褒めトークで、にこにこと一層若返りました!

    2023年2月5日のNGFアワードや写真撮影では、更にアップデートした皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

  • ストラテジックセキュリティ様「keitanスイーツ」 プレスリリース配信しました

    2022.11.18

    2022年11月18日15:00、
    静岡県三島市のIT企業、有限会社ストラテジックセキュリティ様が手掛ける小さなケーキ店「keitanスイーツ」をご案内するプレスリリースをwebで配信しました。

    ・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・

    @Press(アットプレス)

    自然の中でスイーツも楽しめたら、幸せ。
    “キャンプに連れていきたくなる”静岡県三島市の小さなケーキ店 「keitan Sweets(ケイタンスイーツ)11月30日オープン!

    食べる直前にバーナーで仕上げるクリームブリュレ等、 ユニークでフォトジェニックな“おしゃキャン”スイーツをご用意!

    https://www.atpress.ne.jp/news/334632

    ・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・

    同内容のプレスリリースです。
    ぜひご覧ください!

     

     

  • このみ会メンバーが作成したイベントレポートを紹介します

    2022.11.16

    富士市のシティプロモーション課移住定住推進室と住宅政策課が主催した「富士山のふもとで 空き家のリフォーム体験会」のイベントレポートが、「富士市移住コトハジメ」に投稿されています。

    こちらの記事は、富士このみスタイル推進協議会(通称このみ会)の金澤有沙さんが書きました。

    ◆移住して半年の私が「空き家のリフォーム体験会」をレポート!
    https://iju.fujicity.jp/article/1861/

    今回のレポートは、富士市に移住して半年となる金澤さんの、このみ会メンバーとしての初ワーク。同団体の山口さんとペアになり、当日の取材や写真撮影、そして文章作成までを行いました。ぜひご覧ください。

    8月に募集を開始してから、新たなメンバーも増え、初ワークに取り組まれる方が増えています。これからのこのみ会の活動にも注目してください。

    金澤さんがこのみ会に参加するきっかけとなった取材のレポートはこちらです。
    ◆補助金を活用して富士市へテレワーク移住! コワーキングスペースでテレワーク初体験
    https://iju.fujicity.jp/article/1642

  • 11/7 富士このみスタイル スキルアップセミナー 第1回レポート

    2022.11.14

    2022年 ワークシェア&スキルアップセミナー 第1回
    ワークシェアをはじめよう レポート
    *このレポートはこのみ会メンバーの藤木さんが作成しました。

    ・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・・‥‥

    2022年11月7日、富士市にある複合型子育て支援施設「みらいてらす」にて富士このみスタイル スキルアップセミナー第1回仲間とつながる働き方「ワークシェア」セミナーが開催されました。

    ファシリテーターとして株式会社ビズホープ代表、富士このみスタイル推進協議会(このみ会)代表の寺田望さんよりワークシェアの仕組みやメリットなどの解説、先行事例の紹介、体験者の話などのお話を伺いました。また、仲間づくり、つながるきっかけとして、3つのグループに分かれ、共通点ワーク、大切にしている価値観ワークなどを行いました。

    初めに富士市役所総務部 シティプロモーション課移住定住推進室の赤池さんより2018年から始まった富士このみスタイル(移住前後の市民の生活を応援する取組み)について説明がありました。

    移住者に多い子育て世代や、働く世代の女性たちと共に取り組む「富士このみスタイル」では、仲間と一緒に自分のペースで働く「ワークシェア」を推進しています。2022年4月、これまでのワークシェアを通して、移住者と市民が中心となり、ワークシェアを実践する団体として「このみ会」が発足しました。

    <このみ会>富士市に移住してきた人、もともと住んでいる人がつながり、助け合いながら、仕事をシェアして働く同志の集まりです。
    目指す姿
    ①仕事を通して富士市への知見を深め、愛着を持つ
    ②キャリアを活かすだけでなく、スキルアップを図る
    ③私たちが働く姿を子供や家族、地域の人に知ってもらい、新しい働き方を広めていく

    現在29名のメンバーがおり、これから面談予定の方もいて益々つながりが広がりそうです!
    ☆ワークシェアには、ワーカーにとっても、依頼主(企業)にとっても利点があります!

     

    【ワーカーの利点】
    ◎参加者の特性・レベルに応じて関われるので安心感、満足感、達成感が得られる
    ◎チーム制で対応するので、時間調整もできて柔軟に働ける。
    ◎特別なスキルが無くても参加できるので、初心者でもハードルが低い

    【企業の利点】
    ◎マンネリ化している商品・サービスに変化を取り入れる
    ◎人材不足で手つかずの業務に取り掛かることができる
    ◎女性ならではの感性、または社外の視点を取り入れることができる
    ◎子育て支援、女性の活躍、SDGs達成に関わり社会貢献につながる

    富士このみ会のこれまでの実績の紹介
    ・勉強会を実施し、その受講者の方が富士市主催の講座のアシスタントをして活躍されている例。
    ・ヤザキ工業メディカル事業部様、コニカミノルタ株式会社様、株式会社羽田様(粉茶開発)から依頼の支援事例。
    ワークシェアには、文書作成、写真撮影、デザイン、企画開発、イベント支援、託児軽作業等があります。

    <グループワーク>
    セミナー参加者同士のつながりを作ろう、ということから、参加者の共通点を探す「共通点ワーク」、大切にしている価値観を話し合うワークをしました。初対面ながら、どのグループも自分の現在の気持ち、これからこうしていきたい、など深い話ができました!女性の皆さんは家族やまわりの環境を受けやすいですが、自分自身の軸を持てば、生きがい、ビジネスチャンスにもなります☆彡

     

    このみ会副代表の山口さんからのお話
    富士このみ会に参加していて、今後への思いなどを伺いました。「自分のやりたいことを可能にできる場所です。自分のやりたいことを口に出して参加してみて下さい☆」とのお話がありました。

     

    ======

    求められるこのみ会のワークシェア人材
    ① 報酬<つながり
    ② 自分軸を持っている
    ③ 誰かの夢を応援すると自分の夢が前進する
    ④ 何事もあたり前ではなく、有難いの心で

    仲間と一緒に自分のペースで働く「ワークシェア」のワーカーを募集しています
    http://iju.fujicity.jp/fujikonomi/

    ★富士このみスタイルの今後のイベントも楽しみにして下さい★

  • 粋なおじいちゃんを目指す「長泉NGF講座」の第3回目が開催されました

    2022.11.05

    2022年10月29日に長泉NGF講座」の第3回目が開催されました。

    第3回目は、講師にクックパッド㈱コーポレートブランディング本部長の小竹貴子さんをお迎えしました。小竹さんは、『料理の楽しさ』を多くの方に伝える活動を幅広く行っていらっしゃいます。

    今のメニューは、長泉の特産品を使った孫も喜ぶとびきりおしゃれで華やかな料理
    クリスマスも近いので、おもてなしの料理に挑戦しました。

    【メニュー】
    ・あしたか牛を使った白いビーフストロガノフ
    ・四ツ溝柿とカブのサラダ
    ・大和芋のフリッター

    最初に、小竹さんが実際に作りながら各メニューの調理方法と手順を説明しました。
    皆さん、真剣な眼差しです。

    柿とカブのサラダは、オリーブオイルと酢、塩で味付けをします。
    「海外でサラダは、ドレッシングを使わずにオリーブオイルと塩などでシンプルに味わいます。果物が入るのもポピュラー。オリーブオイルの使い方に迷ったらぜひサラダにかけてみてください!」と小竹さん。

    ビーフストロガノフは、ウクライナの郷土料理。海外のレシピのままですと酸味が強いので、生クリームでまろやかにしたオリジナルレシピを考えてくださいました。
    クックパットにもレシピが掲載されています。

     

    しめじを調理するときのポイントは「後入れ」。
    1分で火が通る食材なので、食感が良い状態で仕上げるためには注意が必要です。

     

    「私のレシピは、あえて塩分を抑えてあります。健康のために、ぜひ濃い味からの卒業を!」と小竹さん。

    最初の自己紹介で『普段、料理はあまりやらないんです。』とおっしゃっていた方も、テキパキと順調に作業が進み、グループの皆さんで協力し合いながら、あっという間に美味しそうな料理が完成しました。

     

    今後も、お孫さんやご家族と一緒にぜひいろいろな料理にチャレンジしてみてください!

    ■受講生の皆さんの感想を一部ご紹介します
    ・食べ慣れない味だけど、おいしかった。家族に作りたい
    オリーブオイルとお酢だけでも柿が甘くておいしいサラダができました。
    わりと簡単に作ることができました
    ・和食が好きですが、こういった料理もいい。段取りをもっとうまくしたいです。
    ・何かの料理に似ています。
    ・やればできる!!
    ・最初は不安でしたが、孫に喜んでもらうため家で作ってみたいです