新着情報

  • 富士市に移住した人・移住検討中の人を応援「富士このみスタイル」始動!

    2019.02.05

    静岡県富士市(富士市役所総務部企画課移住定住推進室)が主催する
    富士市への移住定住を促すコミュニティづくり「富士このみスタイル」が始動しました!

    ‥‥………‥‥*‥‥………‥‥

    「富士このみスタイル」とは

    ‥‥………‥‥*‥‥………‥‥

    静岡県富士市が2019年1月に開始した
    主に結婚・子育て世代の方が、
    不安や悩みを気軽に相談し合える
    同年代の仲間や居場所づくりを応援する事業です。

    富士市で「あなたごのみ」の働き方、生き方を見つけてほしい、
    富士山のふもとで小さな実をつけるように、
    それぞれのスタイルに合った実(ご縁・成果など)をこの地で結んでほしい
    という願いを込めています。

    2019年2月と3月には
    「引っ越してきたばかりなので、
    気軽に話せる仲間がほしい」
    「子育てと両立しながら、
    自分のスキルを活かせる仕事をしたい」
    といった希望がある方向けに
    セミナーとワークショップを開催します。

    富士市に移住した方だけではなく、
    移住を検討している方も参加いただけます。
    ぜひこの機会にお申し込みください!

    ・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・

    富士市への移住情報サイト
    「富士市移住コトハジメ」でも
    富士このみスタイルのご案内をしています。

    東京での移住相談会や
    移住者へのインタビュー記事、
    家に関する情報など
    役立つ内容がたっぷりのサイトです。

    こちらもぜひご覧ください。

    \富士市移住コトハジメ/
    https://www.fujicity-iju.jp

  • 県内創業支援担当者向け研修会の講師を務めました。

    2019.01.28

    先週1月22日に県内全域の自治体や金融機関、支援センターなど創業支援担当が集まる場にて、「女性起業支援」に関するテーマでの研修会が県産業振興財団さん主催で実施され、講師を務めさせていただきました。

    (公財)静岡県産業振興財団主催 平成30年度創業支援担当者向けテーマ別研修 3回シリーズ 第3回目

    「身近な女性起業家支援事例に学ぶ!ブルーオーシャン型伴走支援とは」

    をテーマとして、前半はこれまでの事例や支援機関さんと共に実施してきた各種取り組み、そして経産省の支援コンテスト「ジョキコン 」を通じて学んだ全国の取り組みなどもご紹介しつつ、

    後半には、より相談者との真の信頼関係を引き出すためのディープコミュニケーションワークを実施しました。

    敢えて属性も性別もバラバラなみなさんでグループを作って頂き、順を追ってオープンマインドになってゆく体験をして頂きました。

    初対面とは思えないほど、闊達な意見のやりとりで熱気溢れる会場になったこと、参加者や財団のスタッフの皆様のご協力がとてもありがたかったです。

    それぞれの支援の現場でも、ぜひお役立ていただければ幸いです。

    貴重な機会、ありがとうございました。

  • みしま会議所ニュースBE.ME2019年1月号に掲載されました【ジョキコン優秀賞受賞】

    2019.01.21

    三島商工会議所が発行する会報誌
    みしま会議所ニュース「BE.ME」2019年1月号で
    「女性起業家支援コンテスト」優秀賞受賞の紹介をしていただきました。

    以下、記事の転載です。

    ・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・

    (株)ビズホープ
    「女性起業家支援コンテスト・ネットワーク支援部門」優秀賞受賞

    ・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・

    経済産業省主宰「女性起業家支援コンテスト」のネットワーク支援部門で
    (株)ビズホープの支援事例が優秀賞を受賞しました。

    育児等の理由によりビジネスから一定期間離れるなど、
    女性固有の起業課題がある現状に対して、
    全国各地の女性起業家支援ネットワークの参画機関が、
    広域連携&伴走支援を行った好事例を発表するコンテストです。

    本コンテストでは、M-ステとの連携事業である
    女性クリエイターと地元企業のコラボ事例を基にした、
    北海道石狩市や茨城県水戸市との遠隔支援の取り組みについて
    評価を受けました。

    なお、(株)ビズホープは昨年度の同コンテストで
    「伴走賞」と「地域賞」のダブル受賞をしており、
    2年連続の表彰です。

    (文:経営支援課 宇水 淳さん)

  • 高級抹茶どら焼きをマカロン風に仕上げたバレンタインスイーツ「マカロンジャポネ」1/17販売開始!

    2019.01.15

    藤枝の老舗茶園「真茶園」さんが
    日仏融合の新しい抹茶スイーツ「マカロンジャポネ」を
    2019年1月17日(木)より
    100セット限定で販売を開始します。

    キロ2万円の高級抹茶が
    たっぷりと贅沢に練り込まれた生地に
    コクのあるフレッシュバターを挟み
    マカロン風に仕上げました。
    バレンタインの贈り物にふさわしく
    フェアトレード品のフランス産オーガニックチョコチップ入りです。


    (左上から、抹茶、柚子、ストロベリー
    ショコラ、アプリコット、フランボワーズ)

    2018年10月、創業200年の真茶園当主、松田氏は
    茶匠としてフランスに招かれました。
    現地では著名なフランス人パティシエとコラボレーションした
    お茶入りチョコレートをイベントで配布。
    また、合組というお茶をブレンドするパフォーマンスをしたり
    お茶事情を学んだりと様々な経験から生まれたのが
    この「マカロンジャポネ」です。

    更なる日仏の交流を願い、試行錯誤の末
    フランスの伝統菓子である「マカロン」と
    真茶園を代表するスイーツである「抹茶どら焼き」を
    絶妙なバランスで融合させました。

    マカロンジャポネのお供には、
    コーヒーに匹敵する香りとコクを味わえる
    「静岡県産ほうじ茶・国産黒豆茶・国産黒烏龍茶」を
    ブレンドした「黒つばら焙茶」がおすすめです。

    店舗または公式サイトにて
    ぜひ、お買い求めくださいませ。

    〇マカロンジャポネ商品ページ
    http://www.shinchaen.com/?pid=138892558

    〇真茶園 公式サイトトップページ
    http://www.shinchaen.com/

    【店舗情報】真茶園 茶町本店

    藤枝市茶町1-10-29 TEL. 054-641-6228
    ●藤枝駅から約2.5km *駐車場有
    ●営業時間:10:00~18:00
    ●定休日:日曜日

    *当社は商品開発とPRのお手伝いさせていただきました。

    〇1月15日(火)配信 プレスリリース
    https://www.atpress.ne.jp/news/174652

    ‥‥・*・‥‥………‥‥・*・‥‥………‥‥・*・‥‥………‥‥・*・…

    1月15日の静岡新聞(中部版)で
    早速取り上げていただきました!

  • 来年の北海道石狩市、避暑ワークに向けて・・・・!

    2018.12.27

    年の瀬も押し迫る中・・・・皆様いかがお過ごしですか?

    弊社では、すでに年明け早々に向けた諸々の追い込みや、来年の事業への布石も含めて、年末年始は怒涛のように過ぎていくので、あまり切れ目の意識がなく、特に2012年頃から起業がスタートしてからは、特に顕著な気がします。。

    ずっと走ってきているとふっと山を抜けそうな時に限って、少し体調を崩し、無事復帰しましたが、、皆様もどうぞお体お大事になさってくださいね。

    今年は、県を越えての出会いにも恵まれた一年でした。

    今はもう雪深い北海道の札幌や石狩市さんへ、11月上旬に訪問した時のこと、まとめておきますね。来年の夏、避暑ワーク・リゾートワーク事業を進めるための現地再訪を願って!!

    最初に訪問した北海道女性起業支援のメッカといえば、

    今年も経産省主催女性起業家支援事業「ジョキコン」 ネットワーク部門

    最優秀賞をお取りになった札幌市にある、ほくじょき .netさん。

    キーパーソンである菅原さんと意見交換させてもらいました。
    支援のその先へ、ご一緒できてとても学びがありました。

    その後菅原さんのご紹介で、札幌商工会議所や札幌市、よろず相談センター信用保証協会さんなどで、各エリアでラボの取り組みをご紹介させていただきました。

    北海道の起業状況や、事業者さんの抱えている課題も静岡と共通する部分もあれば、却って道外への積極的なアプローチが難しいなど、現地事情を教えていただきました。

    懇親会での、本当に何を食べても美味しい北海道グルメに唸りました!

     

    そして、翌日は石狩市にて商工会議所さんへご説明に伺った後、

    石狩市役所の河田さん、事業受託者の関さん率いる
    女性クラウドソーシングチームの皆さんともお会いしました。

    ジョキコンでの渡邉さんとの遠隔支援についての発表もご紹介しながら、
    それぞれご家庭や子育てと並行して自分たちのスキルを少しづつアップグレードされている様子や、これからみんなでやってみたいことなど、
    お一人お一人じっくり伺うことができました。

    向上心もあって、北海道の地に煌めく原石をみなさんお持ちですね。

    今年は遠隔が主でしたが、来年はもっと濃いコラボレーションができますように・・・!

     

    石狩市役所の吉田さんに、可愛いマスキングテープ(石狩仕様)いただきました!いつもお仕事しながら想いを馳せています。。

    そして札幌市に移動し、関さんとのコラボセミナー。先の震災を受けてということで地元テレビメディアさんなども取材に来られていました。

    札幌から数時間かかる自治体からも大勢参加者さんが詰め掛けていて、
    やはりブラックアウトを経験しての危機感の高まりを感じました。
    震災SNSは私たちが知っておきたい必須のITリテラシーですね。

      

    後日のHBC北海道放送より。

    後半のワークを受け持たせていただき、はじめましての皆様同士の共通点探しなど、
    一気に連帯感を高めていただけたようで熱気を感じました。

    北海道は、国土も広いしですし、自治体も多いですよね。

    中でも、セミナーに参加してくださった熱心な滝川市の女性職員さんが後日、地元で二番目に美味しいお酒ケーキを送ってくださいました。上品な甘さが・・・好き!

    ちなみに第一位は知る人ぞ知る!「モンモオ」というなんともレトロ素朴だけど絶品、1日に1000個売れる!そして一番美味しい出来立ては、滝川に来ないと食べられない〜から食べに来てください、な お菓子だそうで、これは行くしかないね。。と密かに胸に誓いました。グライダーと菜の花で知られる町だそうで、シティーセールスの上手い職員さん、お見事!

    そして充実の3日目は、道内フルアテンドしてくださった石狩市河田さんと来年の避暑ワーク地予定の海沿いのペンション「カフェ・カミルレ」さんへ。

    元々大阪でSEをされていたオーナーさんが、北海道石狩の地に移住してできた素敵な空間やこだわりの食材で作るベジタリアン対応も可能なお料理の数々、ゆっくりと流れる時間の中、これまでのお話しをお聞きしました。

    親戚のお家に来たみたいにくつろいで欲しい・・・そんな温かな場でした。

    そして、河田さんイチオシの石狩土産を観光協会さんで珍味甘味などを見て回ったり・・・

    まだまだ探求したくなる北海道の魅力・・・!

    初めてなのになぜか懐かしい・・・窓からの車窓の風景も忘れ難いものがありました。また会いに来ます!